ひじおりの灯2022

「パンと生活 肘折日記」
千田 若菜 | チダ ワカナ

私はパンを焼く仕事をしているのですが、パンには酵母というものが不可欠です。瓶の中に果物などと水を入れ(時には少しのお砂糖も)、ゆっくりと時間をかけ酵母菌を育てていきます。その工程は、季節の食材に触れ、ゆったりとした時間の流れに身を委ねる肘折での過ごし方にもどこか似ています。
今回の灯ろうは、肘折で出会った人々や季節の食材を自分のなりわいと結びつけ、思い出を振り返る日記のような作品に仕上げました。

制作者プロフィール

東北芸術工科大学を卒業後、パン屋やカフェなどの飲食店に勤務。
2020年頃よりパンを焼きはじめる。絵の仕事も再開。
現在は店舗開業に向け準備中。


【ウェブサイト
https://www.instagram.com/mille_pain/