灯籠絵展示会「ひじおりの灯」

灯籠絵展示会 ひじおりの灯

 霊峰月山のふもとで湯を分かち、人々を迎える肘折温泉。そんな山間の湯治場に灯籠絵「ひじおりの灯」が灯ってから、16年目を迎えます。今年も山形に縁ある若手作家らが温泉街に逗留し、周辺に広がる自然や豊かな食文化、山岳信仰や湯治文化など、肘折に息づく様々な情景や物語を描き、灯籠に仕立てました。
 作家それぞれの眼差しや語りを通して描かれてきた灯籠絵。夏から秋にかけ、旅館や商店の軒先にその小さなあかりを灯すことは、いつからか私たちにとって「ここに居る」ことを伝えることでもありました。
 今年もここ肘折で、あかりを灯して待ってます。

 春の特別展示を実施
2024年4月27日〜6月16日まで、上の湯と温泉街の一部にて、ひじおりの灯の灯籠を特別展示しています。

第18回「ひじおりの灯」開催概要UPDATE 2024年5月13日

実施期間:

 夏期点灯:2024年7月12日(金)〜8月25日(日) | 旧作灯籠を展示
 秋期点灯:2024年9月14日(土)〜10月14日(月) | 新作灯籠を展示
 点灯時刻:18:00〜20:30 (雨天の場合、点灯する灯籠が限られます)

実施会場:

 肘折温泉温泉街 の旅館・商店の屋外に展示。
 屋内(湯治部屋)での展示は行いません。

イベントについて:

 制作者による灯籠絵の解説「肘折絵語り・夜語り」は、ウェブサイトの灯籠紹介ページにて、音声解説をお聴きください。※点灯終了後に公開予定です。

これまでのひじおりの灯の風景

灯籠絵「ひじおりの灯」

灯籠の灯る温泉街

灯籠の灯る温泉街

絵語り夜語り


●宿泊のご案内

肘折温泉に宿泊希望の方は、「肘折温泉郷」Webサイト(http://hijiori.jp/)をご利用ください。

●肘折温泉までのアクセス 

バス:JR新庄駅より「肘折温泉行き」で約50分。お車:新庄市から国道47号、国道458号で約40分。山形市から国道13号、県道31号、国道330号、国道458号で約100分。

●お問い合わせ

ひじおりの灯実行委員会(早坂隆一) Tel=090-2076-5698 E-mail=hijiorinohi@hijiori.jp
肘折温泉観光案内所 Tel=0233-76-2211

●関連リンク

Facebookページ https://www.facebook.com/hijiorinohi/  
肘折温泉郷HP:http://hijiori.jp/
ひじおり旅の手帖:http://hijiori.jp/tabi/
twitter:@hijiorinohi